アムティック スタッフブログ

アムティックのスタッフが日々の出来事を綴っています!
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< グラスジェムコーンって知っていますか? | main | メンタルが満たされました ♪ >>
コケトカス
0

     

    10月2日
    これから始まる物語を匂わせる、うっすらとガスに包まれた北ヤツの森。

     


    一歩森へ足を踏み入れると、遠くて近い、どこかで茶香炉をたいているような、この森独特の香りが漂ってきます。

    ここ北八ヶ岳では、国内に見られるコケの約4分の1(485種)もの種類が生息しているという、まさに「コケの森」。

     

     

    ジブリの世界観満載です。

     



    なだらかな山道はすぐに終わり、45度はあるのではないかと思われるこの勾配。

     



    両手両足を駆使しながら急登で高度を稼いでいきます。

    目指す高見石展望台まであと少し!大きな岩を登った先に見えた景色は・・・

     


    標高2300mから見下ろす感動の白駒池!池周辺もきれいに紅葉しています。

    画像ではどうしても伝わりにくい、360度の解放感とものすごい高度感!
    実際に登った人だけが味わえる特別な世界です。

    この日のゴールは、眼下にたたずむ白駒池ほとりにある山小屋。
    昭和30年代に建てられたというその山小屋の耐震性に、一抹の不安を抱えながら部屋へ向かっていると・・・

     

    「筋交い★」




    からの「ダブル筋交い!!」



    これなら安心して眠れそうです★

    翌日はさらに高度をあげて、目指せ「にゅう」山頂!

     

     

    朝日が池に反射し、とてもきれい。思わずみとれてしまいます。


    スタートしてすぐの湿原でモグモグしているシカに朝の挨拶をし、

     

     

    ぬかるみで足場の悪い道ではバランスをとりながら進み、心が折れそうな急坂をやすみ休み歩を進め、やっとの思いでたどり着いた岩だらけの山頂。



    遠くに富士山がきれいに見えています。

    前日に高見石から見た景色も最高でしたが、「にゅう」のこの景色がその感動を塗り替えました。

    強風の中でしばらく談笑したあとは、来た道に帰ります。
    言葉を発する余裕のなかった登りと比べ、下りでは会話もはずみあっという間にスタート地点へ。

    感動は標高に比例するようです。
    3000m級をいつどの山で迎えようか、目下思案中。

    当分忙しい日々が続きそうです。

     

    以上、総務 柘植の秋のできごとでした。

    | - | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://amticblog.jugem.jp/trackback/557
    トラックバック
    アムティック株式会社 吉祥寺本店
    東京都武蔵野市吉祥寺東町1丁目19−21
    0422-28-2130
    アムティック株式会社 高円寺支店
    東京都都杉並区高円寺南4丁目32−6
    03-5378-7550